女性フェロモンを出す方法

女性なら一度は考えたことのある欲しい物、フェロモン

フォロモンとは、もともと生物または微生物が自身で生じさせて外に分泌後、同種の他の個体に一定の行動や発育の変化を推進生理活性物質の総称でした。哺乳類やほかの動物にもあります。

女性フェロモンを出す方法

1.マイナス思考をやめて明るい性格になる!

「類は友を呼ぶ」って聞いたことありますよね?

マイナス思考だとそういうマイナス思考の人を周りに読んでしまいます。引き寄せの法則というものです。

爽やかな気持ちで微笑みはもちろん、喜怒哀楽を表情で表現できる女性は魅力的です。不意に出たコトバが可愛い、「あれれれれれ…」「やっちゃったぁ…」自然に出たら最高です。つねに心をときめかせると女性ホルモンもドバドバでます!

2.圧力をためない

女性ホルモンのOestrogenにかぎらず、ホルモンの分泌には圧力の影響は大きいです。圧力を感じると、自律神経が乱れます。そうすると、ホルモンの分泌も乱れます。

3.ホルモンバランスを整える事が大切!排卵日を利用する

排卵日は、女性ホルモン「Oestrogen」が最も分泌されます。排卵期にコピュリンというフェロモンが分泌されると言われています。コピュリンは男性を誘うフェロモンと言われています。

そうなんです!排卵日前後はフェロモン120%上げています。目标の男性には、積極的に体の距離感を縮めよう!フェロモンの効き目がはたらきます。そのためにも、生理不順ではNGです。無理なダイエットも生理不順の原因になるので、健康的な生活が望まれます。

4.健康的な心身は規則正しい生活から

充足な睡眠や規律正しい飲食は当然です。ほかにオススメは、腰を温める事をしましょう。腰湯と言って、熱いお湯(45℃前後)にへそまで浸かる部分浴がオススメです。時間は10分、15分程度。血圧が高い人はしないでください。腰湯をすると、脳から骨盤に繋がる背骨の中にある脊髄液(せきずいえき)の循環がよくなります。

5.清潔にしすぎない

彼氏いなし、旦那は異性として見れない。そんな理由でお手入れやファッション・メイクがズボラになっていませんか?

化粧はテキトー

服装はテキトー

ムダ毛はボーボー

これだとフェロモンは出ません。。まずは、メイクから始めてみませんか?最もセクシーさを感じる場所は唇です。「口が性器を表現している」そんなこと聞いたことありませんか?あなたも会話をしていると、相手の唇に目がいきますよね。唇がプルプルと潤っているように、グロスを使いツヤを出したりするのが効き目的です。ノースリーブなどのわきが見える服や、パンツスタイルよりひらひらしているスカートの方が、男性はスキです。

明るく清潔な外見と、女っぽい部分をアピールしましょう。

香水を有効活用

強い香水やデオドラントは使わない。香りが強すぎると男性がフェロモンを感じなくなります。

 

香水をつけるなら、手首・足首・耳の後ろ。またはウエスト。香りの持続時間は8時間くらいといわれています。フェロモンのような作用をするハーブがいくつかあります。

クラリセージ:女性ホルモンに似た成分が含まれている

ローズ・オットー:女性の生殖器系の不調に役立つ

カモミール・ジャーマン:心の安定に役立つ

ネロリ:催淫特性があるのでパートナーとの愛を引き寄せる

ゼラニウム:女性ホルモンの乱れ、生理痛や月経前症候群(PMS)、更年期障害などのトラブルに役立つ

ジャスミン:インドやアラビアでは古くから「媚薬」といわれています。

基本的には、あなたが好きな香りはフェロモンの分泌を増やしてくれます。自然に臭ってくるのがイイですね。男性は香水より石けんの香りが好きって聞いたことありませんか?

生理だけではなく他の健康問題も解決できる

妻と一緒に幸せな生活を作りたいならバイアグラの体験談を見てごらん!